2021年01月12日

昨日 ナッツの本を読んだ。

昔はピーナツなど 豆類を食うとカロリーが多くなって体によくないと聞いていたが 逆なようだ。クルミ ピーナッツ ピスタチオ
アーモンド これらを食っていると 100歳まで生きれれるとよ・。


[Amazon限定ブランド] NUTS TO MEET YOU ミックスナッツ 1kg 植物油不使用
[Amazon限定ブランド] NUTS TO MEET YOU ミックスナッツ 1kg 植物油不使用
posted by hakiyasusan at 07:02| 青森 ☀| Comment(0) | 心房細動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月27日

運動不足


温水プールに行こう
posted by hakiyasusan at 22:04| 青森 ☁| Comment(0) | 心房細動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月08日

認知症と歯磨き

人には 大きく言えないが 歯ブラシはついつい 簡単にしてしまう癖がある 短時間である いわゆる 粗末なのである

だから 歯医者にいって 歯垢を採ってもらうというのもいいのではないか、歯の黴菌が脳に行って痴呆にしやすくすることがあるとか

人とは違い 二か月に一回にしようか、お前変わってるね というところが 一つあってもいいと思う。

何故なら 誤嚥性肺炎 心不全(これも口腔内細菌が関係している)が 老人になって死ぬ原因だからである。

Arthur H. Friedlander, DMD, Alzheimers disease: Psychopathology, medical management and dental implications J Am Dent Assoc, Vol 137, No 9, 1240-1251, 2006.

https://www.houmonshika.org/oralcaremanual/m14/



posted by hakiyasusan at 06:45| 青森 ☁| Comment(0) | 心房細動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月05日

高血糖の人はコロナにかかりやすいか

東京もそうなんだが どうも全国的にも コロナは増加傾向である。

 最近の報告では 糖尿病ではなくとも 一時的にでも 高血糖になるならば コロナ感染になって 重症化するという報告がある。

「血糖値が正常な患者と比較して、異常に高いレベルの患者はCOVID-19で死亡する可能性が2倍以上(約41%対16%)、集中治療室に入院する可能性が高く、人工呼吸器が必要になる可能性が高いとの結果が出ている」

 年配者でなくとも 糖分とるのは控えようか ケーキ 甘いお菓子 自販機のジュースなどである。白米も一杯にしておこうか。
それ以前に 運動やな 歩くことかな・・・。


若くて糖尿病でなくとも コロナにかかることがあるということや。




Annals of Medicine, news release, Nov. 23, 2020
ラベル:コロナ感染
posted by hakiyasusan at 05:52| 青森 ☁| Comment(0) | 糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月04日

サプリメントと心臓

自分もサプリメントのんでいるが、効いているのかどうか疑わしい。

 ビタミン剤 DHA EPA などであるが、Effect of Vitamin D Supplementation, Omega-3 Fatty Acid Supplementation, or a Strength-Training Exercise Program on Clinical Outcomes in Older Adults: The DO-HEALTH Randomized Clinical Trial によればあんまり効果ないとか・・・。

 まあ、漢方の方が 補中益気湯などの方がまだいいのかな・・・。
posted by hakiyasusan at 07:21| 青森 ☁| Comment(0) | 心房細動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月03日

体重を減らす。

温泉に行って 体重計に乗ると もうすぐ 70kgに迫ってゐる。 ああ、運動不足だとわかってゐても どうも歩く気はしない。
腰も痛いし 膝もいたい とりあえず 踵上げ下げ運動と バベルの上げ下げでも しておこうか

 心臓が弱ってゐる 肺も弱っているからにして・・。
posted by hakiyasusan at 07:00| 青森 ☁| Comment(0) | 心房細動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月29日

太極拳

健康にいいかどうか知らないが ゆっくりな動きをする 太極拳教室でも 通ってみるか。

いいことあるさ
posted by hakiyasusan at 07:31| 青森 ☁| Comment(0) | 心房細動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

スタチンはやはり飲んでゐて悪きことないんかな・。

Association of Statin Use With All-Cause and Cardiovascular Mortality in US Veterans 75 Years and Older

研究者によれば、6.8年間の平均追跡期間中に206,902人の死亡したが、これには、53,296人の心血管死が含まれ、1,000人年あたり78.7および98.2人の総死亡、1,000人年あたり22.6人および25.7人の心血管死が、それぞれスタチンユーザーと非ユーザーの間で確認された(加重発生率の差[IRD]、それぞれ1,000人年あたり-19.5および-3.1)。複合ASCVDの結果には123,379件のイベントがあり、それぞれ1,000人年あたり66.3および70.4イベントでした(加重IRD、1,000人年あたり-4.1)。

スタチンユーザーと非ユーザーを比較すると、全原因死亡率、心血管死亡率、およびASCVDイベントの複合のハザード比はそれぞれ0.75、0.80、および0.92でした。

まあ、スタチン 市販薬に天下ってくればいいが 日本ではまだまだ遠いであろうか。

https://jamanetwork.com/journals/jama/article-abstract/2767861
posted by hakiyasusan at 07:01| 青森 ☔| Comment(0) | 心房細動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

コーヒー摂取と不整脈

小生の母も 心房細動から脳梗塞になって 亡くなってしまったが、もしも コーヒーをいくらかでも摂取していたら
なくならなかったかもしれない、今日のニュースは コーヒーを飲んでゐる人は1割から2割程度 不整脈にならないようだとする
報告。


Frequent Coffee Consumption is Associated with Lower Incidence of Arrhythmias

結果
対象は英国のバイオバンクの参加者約30万人(296,227名)のコーヒー摂取量情報と関連データをレビュー、参加者の平均年齢は56.69±7.98で、51.6%が女性でした。
定期的なコーヒー消費と不整脈の有意に低いリスクとの関連を示したとのこと、この調査期間は 5.25±21年間であったが、心房細動または心房粗動の4,748人の患者、798人の心室性頻拍、386個の心室性頻拍、および308個の心室性期外収縮を含む、13,138件の不整脈が診断されました。 消費しない場合と比較して、1日1、2、3、4、または5杯以上のコーヒーの消費は、それぞれに不整脈のリスクが有意に低かった(HR 0.90、p <0.0001、HR 0.86、p <0.0001、HR 0.85 p = 0.0005; HR 0.88、P = 0.05)。

1日1杯のコーヒーを追加するごとに、不整脈の発生率が3%低下しました。まあ、小生は緑茶をよく飲むが コーヒーも一日1-2杯は飲んでゐる、砂糖の代わりにチョコレート さらにクルミもいれてね。
ラベル:コーヒー 不整脈
posted by hakiyasusan at 05:11| 青森 ☁| Comment(0) | 心房細動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

ビールと赤ワイン

小生はいままで女房と一緒に毎夜ビールを飲むのを常としていたが 最近 どうも眠れなくて 寝てゐると苦しくなって おきて起座呼吸すると何故か楽になるしかしながら 心不全かと思いつつ 医者に聴診器当ててもらっても 大丈夫だ 手術の前の 心電図検査でも 特にそのような 兆候はないとのことで 不思議だと思っていたが。 どーも ビールから 赤ワインにしたら 前よりは眠れるようになった。 まあ いまのところ 心房細動などという 不整脈はないが 文献論文ではワインの種類が特定されて間違いなく聞いたということはできないようだが 赤ワインに限っては心臓にいい ポリフェノールがはいっていて いい作用するようだがまあ試しにしばらくはビールの代わりに飲んでみようか。

結論
赤ワインとレスベラトロールは、そのメカニズムが十分に理解されていないにもかかわらず、AFに有益な効果を及ぼす可能性があります。特に赤ワインおよび/またはレスベラトロールの摂取に関する臨床試験は、この問題に関する追加情報を提供し、さらに治療アプローチの補完のためである可能性があります。


https://www.mdpi.com/2072-6643/9/11/1190/htm
ラベル:赤ワイン
posted by hakiyasusan at 06:14| 青森 | Comment(0) | 心房細動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。